『彼岸会法要のご案内』

『彼岸会法要のご案内』 はコメントを受け付けていません

日々法務で走り回っております。

当山(私)の考え「依頼されれば何処にでも~」を証明するかのように

昨年、2月に購入させていただいた車両も一年で2万4千キロ走行いたしました。

多くのご縁に感謝をしながら当山のさらなる再興をめざします。

 

今月はお彼岸です。

当山では3月17日午前11時より『彼岸会法要』を行ないます。

※檀信徒以外の方でも彼岸供養をご希望の方はご遠慮せずにご参拝ください。

新たなる年を迎え

新たなる年を迎え はコメントを受け付けていません

新たなる年が皆様にとって素晴らしき年となりますように

昨年は色々な思いを持ちながら、命の尊さを伝える立場として

日々法務で東京~神奈川~埼玉~千葉・・・・ 日光から熱海等など

飛び回ってきました。ブログの更新も中々出来ませんでしたが、

本年はマメに更新したいと思っております。

本年も皆様のお力添えをいただきながらお寺のさらなる

再興を目指してまいりますので、よろしくお願いいたします。

 

暑さ寒さも彼岸まで

暑さ寒さも彼岸まで はコメントを受け付けていません

「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが

まさに、彼岸の入りにあわせ涼しくなりました。

心配なのは台風です、これ以上自然災害が増えないことを

心よりお祈りいたします。

お盆です

お盆です はコメントを受け付けていません

当山では、ご案内のように7月9日に「盂蘭盆施餓鬼会法要」を営みました。

盂蘭盆施餓鬼会法要 

当日は、まさに梅雨が明け猛暑日でご参列いただいた皆様には

狭い書院・堂内にて暑さに耐えながらの法要となりました。

本年は、「今、あなたが扇げば、周囲が涼む 今こそ、すばらしき風を・・・」

と印刷させていただいた神野寺特製団扇を製作しお配りいたしましたが

参列者の皆様は、遠慮されて法要中は扇いでいなかったようです。

当山は境内にお墓が無いので、お墓参りに合わせ法要参列と言った

形式にならないので、いったい何人の方が参列いただけるか?

心配なのですが、小寺の狭い書院・堂内には適度な人数の方々に参列いただけ

感謝しております。

P1050125 参列者ブログ

また、当日お越しいただけない方で読み上げ供養・塔婆供養等を

お受けしていた方々のご供養もしっかりさせていただきました。

暑い中ご参列いただいた皆様にご挨拶と簡単な法話をさせて

いただきました。

暑い中 少しだけお耳をお借りし法話を

 

すでにお伺いしているご家庭もありますが、明日よりお盆棚経に

お伺いいたします。

戒名を自分で・・・?

戒名を自分で・・・? はコメントを受け付けていません

最近、聞く話ですが 「戒名を自分でつける」 「家族がつける」

そんな方が実際にいるようです。

ネットのニュースにも同様の内容が記載されていました。

(あえてリンクはいたしません)

 

戒名(※法号)について判りやすくせつめいさせていただきます。

 最初に申し上げますがこちらに記載する内容、考え方は当山住職の

考えるところです。宗派や各寺院の考え方、地域性等で大きく異なる場合も

ありますのでご注意ください。

さて、戒名(法号)とは、信ずる教えに従って歩みその証として信仰の師と

仰ぐ方から授与される名前である。 

近年の考え方としては「死後の名」と理解されることが一般的であるが

実際、当山では旦那様の葬儀時に奥様がご一緒に法号を授与された方々

もおられます。

本来は「信仰の証として、名をいただく」その事が大切なのですが

実際のところ亡くなられてから「さぁ~戒名をいただくには・・・」 

お寺にいくら払えばいいのか? などと悩まれたり、時にお寺側の

説明不足や考え方の違い等で、行き違いになられる事も多いようです。

さて、話しを戻しますが、「戒名は自分でつける」は間違えです。

「戒名は自分で考える」ならば私はある意味で同調いたします。

勘違いのないように補足いたしますが、仏弟子として信仰心をもって色々と学び

その上で、信仰の師となる僧侶(住職)とご相談の上で、その方から

授与される事が正しいと思います。

自身の戒名(法号)だから自分の大切な字を含みたい、こんな意味を含みたい

今生での歩みを字で表したい、などの思いがあれば是非真剣に考えて

みてください。

そして、菩提寺等に通って信仰の基本をしっかりと学び、

信仰の師と思える僧侶と相談の上で素敵な戒名(法号)を授与されてください。

お身内の方の戒名を授与していただく場合も、

その方がどの様な方だったか家族からみてどんな人だったか、趣味やお仕事

性格等をしっかりとお伝えして授与されることが大切だと思います。 

 

菩提寺(お墓があるお寺)がない方で、ご相談がある方は

ご遠慮なくご連絡ください。

 

 

◆信仰なしに本などを参考に字を並べただけでは、

  戒名(法号)にはなりえないでしょう。

 

※日蓮宗では戒名を法号と言います。 

お盆のご案内です 

お盆のご案内です  はコメントを受け付けていません

7月9日(土)午後1時より『盂蘭盆施餓鬼会法要』を行います。

お盆には、亡くなられたご先祖様の霊位が帰ってきます。

そのご先祖に報恩感謝の供養を捧げる仏事です。 

当山施餓鬼会法要の詳しい案内は昨日、檀信徒・ご縁のある方々へ

郵便にて発送いたしました。

それ以外の家の方でもご希望の方には発送いたしますのでお尋ねください。

また、お盆の棚経についても只今日程を調整中ですのでご希望の家の方は

お早めに希望日等をお知らせください。なお、限られた日にちの中で多数のお宅に

伺いますのでご希望日に添えない場合もありますのでご了承ください。

お見舞い申し上げます

お見舞い申し上げます はコメントを受け付けていません

災害の地域の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

次ぎの言葉が出てこないほどの悲惨な状況を

テレビ映像等拝見し悲しみと虚しさでいっぱいです。

 

今はまず少しでも早く、一人でも多くの方々が

無事に救出されます事をお祈りします。

                          合掌

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます はコメントを受け付けていません

昨年は、寺院再興の第一歩を歩みはじめ・・・

知人・友人・親族の協力のもと 大工仕事からはじまり

知人の紹介により雑誌「昭和40年男」に掲載されたり

手作業で塗った漆喰が、素敵な社長さんに評価され「作品大賞」頂戴し

さらに、社員研修会の講師に招いていただいたり

色々なご縁をいただいた皆様から法務の依頼をいただき

忙しく 東京~埼玉~神奈川~と広域に飛び回り

後半はブログの更新も少し少なくなってしまいました。

 

実は、11月末には法務に向かう途中で追突事故に巻き込まれ

首と肩が今も痛みますが・・ 無事に新年を迎えられたのでなによりです。

 

さぁ~ 平成23年が当山にとってどの様な年になるのか?

まずは 日々の出会いを大切にしながら 

のように跳び回り のように着実に歩んでいきます。

本年も皆様のご協力のほどお願いいたします

皆様にとって素晴らしき年に成りますようにお祈り申し上げます。

                              平成23年 元旦

私『昭和40年男』です

私『昭和40年男』です はコメントを受け付けていません

以前記載いたしましたが、6月11日に発売されました

『昭和40年男』と言う雑誌に掲載されました。

s40otoko_003_magazine_img

前住職が病気療養等の事情により、その灯が消えかけていた当山ですが

皆様のご協力により少しばかり 明かりが灯りはじめました。

その様子と私の思いを知人の紹介で掲載していただきました。

個人としては 大変恥ずかしさもありますが・・・

今回の取材をお受けした理由は幾つかありますが

そのうちの一つは 紹介者が大変熱い人間である事。

そして、さらに大きな理由は建物の再興にご協力いただいた

方々や常に当山を気にかけてくださっている皆様にお礼をしたい

そんな気持ちがありました。 

記事は私を取り上げている形ですが、その本意は共に当山の再興に

ご尽力いただいている皆様の記事だと思っております。

そして、素敵な文章を書いてくれた 新人女性ライターさんにも感謝です。

Newer Entries