「なにかあればご連絡ください」の「なにか」は?

「なにかあればご連絡ください」の「なにか」は? はコメントを受け付けていません。

先日、ある学習会で子どもの緊急医療処置等について

話を聞きました。

自身で病状を上手く伝えられない子どもにとって最も大切なのは

かかりつけ医=主治医をもつ事だそうです。

なるほど! 日ごろの子どもの様子を理解してくれている

医師ならば病状を見分けられるのですね。

 

以前、本山勤務中に修行中の学僧が始めて棚経に出向く前に

「私は 棚経でいくつか行なっていることがある~」と少しだけアドバイスをしました。

それは、必ずなにかを盗んでくること? 

盗むと言っても・・・金品ではありませんよ 

その御家庭の様子や家の方の趣味や最近の様子等々・・・

お話の中から大切な事をお聞きして持ち帰ってくる事。

もう一つは、必ず帰りには

「なにかあれば連絡くださいね・・・」と言って帰ってくること

その話をしたら、お寺で生まれ育った学僧の彼は

私に「それって、失礼じゃないですか・・・・」と言ってきた

一瞬 私は彼の言いたいことがわからなかったが

次の瞬間、あっ・・と気がついた

「もしかしたら、彼はお寺から なにかあったら と言ったら 葬儀等不幸があったら・・・」

と思っているのか

すぐに、その誤った感覚を指摘したが

逆に私自身が数年間 言い続けてきた言葉が

檀信徒に誤解されていないか心配になり その年の棚経中は

各家でこの話をしてみたが 幸い皆さん私の思う「なにかあったら」と

理解してくれていて ほっとしました。

 

ある意味で、お寺はご家庭の主治医なのかもしれません。

日ごろから色々と様子を伺い、その家の色々な状況を理解した上で

様々な相談をうけ 共に悩み解決していく

お寺はよろず相談所

「なにかあればご連絡ください」