心の門・・・

心の門・・・ はコメントを受け付けていません。

当山の門は、タイル張りで普通の家の門のようで・・・

お寺の雰囲気が感じられない門でした。

そこで、門を改修することに・・・

と言っても なにぶん貯えの無い小寺です

総代御子息と私で少し手作業で改修する事にしました

さて・・いかに改修するか?

さて・・いかに改修するか?

ホームセンターで材料を購入し、作業開始です

ひのき材を・・・

ひのき材を・・・

完成です!

完成です!

細部にも こだわりが・・・

上部は銅版です・・・

上部は銅版です・・・

「日蓮宗 大孝山 神野寺」 の文字も新たにしました。

出来上がった門は 立派なお寺の総門とは明らかに異なる

小さな小さな手作りの門ですが、有志者が心をこめてつくり上げた心の門です。

この門を多くの方が、気持ちよくぐっていただければその時に この門は

立派な門となると思っております。

漆喰職人修行で学ぶ

漆喰職人修行で学ぶ はコメントを受け付けていません。

漆喰を塗りはじめ、あちらも~こちらも~とすっかり漆喰職人への道を

歩んでいる小寺の住職です。

一部屋は「若草色に」

「若草色の漆喰です」

「若草色の漆喰です」

トイレも塗る事に・・・

「トイレは藁を混ぜて・・」

「トイレは藁を混ぜて・・」

その後は庫裏~台所と塗って

「庫裏も台所も・・・」

「庫裏も台所も・・・」

 概ね漆喰職人修行はまもなく卒業・・・

ここで 学んだ 大切な事は

漆喰塗りで最も大切なのは 先ずは下準備の「養生」です

養生が綺麗ならば、養生を外した時に綺麗に出来上がるのです。

下準備がしっかりと出来ていないと・・・・

人生も同様だと実感します。 どの様な道でも

しっかりと 下準備(基礎を身につけ)ていれば やがて綺麗に・・・

人生自体が ある意味 下準備とも言えるかも知れません

まずは、今生にてしっかりと下準備をしなくては・・・・

漆喰職人修行はじまり

漆喰職人修行はじまり はコメントを受け付けていません。

本堂の内陣修繕を終え、書院客殿より堂内に仏具を戻し、堂内修繕は概ね終了

次は、書院客殿へ・・・

壁を・・・・壁紙を貼るか? ペンキを塗るか? と悩みながら

ホームセンターで『うま~くヌレール』と心を動かすネーミングの漆喰と出会い

試しに、塗ってみる事に・・・・

先ずは、養生を

「養生開始」

「養生開始」

 

 

 

ここから 私は漆喰職人を目指し日々修行のはじまりです(笑

「漆喰職人=小寺の住職」

「漆喰職人=小寺の住職」

 

痛んでいた柱も、新しい木で修繕し

「柱 補強作業」

「柱 補強作業」

 

 

その後、周囲の柱と同様の色合いに塗って 新しく古い柱の完成です

「新しい古い柱」

「新しい古い柱」

 

漆喰作業も徐々に慣れ始め・・・・ 他の部屋も漆喰を塗る事に決めました

漆喰職人修行 つづく・・・

日々工事中です 内陣

日々工事中です 内陣 はコメントを受け付けていません。

先ずは、真っ黒のなってしまっている内陣(※1)を綺麗に

P1030186 内陣塗る前

 

 

 

 

 

柱は、命名「サンダー君」で磨き・・・・

御宮殿と柱を養生し・・・

P1030197 内陣 養生

 

 

 

 

掃除後に白く塗り始めました・・・

右側を塗・・・翌日は左側を・・・

養生を外すと、素人なながら心をこめて塗った結果は

P1030213 内陣 塗終わり

 

 

 

 

程好く綺麗に・・・ 

 

※1=【内陣】社寺の内部で、神体または本尊を安置してある奥の間。