小寺の住職経歴

小寺の住職経歴 はコメントを受け付けていません。

出生~幼少~学生時代

昭和40年10月    世田谷区北烏山で産まれる

   小学校1年生の時、昼間まで共に遊んでいた友人が急死する。

   いま思えば、この頃から命について考えるようになったのでは…。

昭和56年 3月    立正中学校  卒業

   中学時代は、小学生より続けていたテニスの練習&試合三昧の日々を過ごす。

   同時に、授業にて宗教を学び興味を持つ。

昭和59年 3月    立正高等学校 卒業

   高校時代は山岳部に所属し、国内各所の山に登る。高校2年夏には、日本の

   高校生としてはじめて中国に海外遠征し、天山山脈の剣石Ⅱ峰に初登頂する。

   この時の我が姿を見ていてくださった師匠より、後に「秀岳」の名を頂戴する。

昭和62年 3月    立正大学 仏教学部宗学科 卒業

   大学進学時に仏教学部宗学科を選択。しかし、同学科は大半が僧侶を目指す

   寺院御子息で、私のように在家出身者は授業についていくのに必死の日々。

   解らぬことを学ぶため、友人の寺(横浜妙秀寺)へ頻繁に出入りをする。

   (実際は学ぶより 遊んでいる時間が長かったような…)

   この学友父の勧めもあり、妙秀寺住職師匠のもとで僧侶への道を歩み始める。

      

修行歴

昭和62年~平成3年

   師匠が病に倒れ、師匠友人の法性寺(横浜市)住職が新師匠となって

   私を引受けてくださり同寺にて住込み修行をする。

   この時代に僧侶としての基本を学び、さらには各修行をさせていただく

   有り難い機会に恵まれ、多くを学ばせていただく。 

昭和63年 8月            第二期 信行道場 修了 

平成 2 年 6月 ~ 11月     布教研修所 入所

平成 2 年               布教院 入院

      いまだ 日々修行中です 

 

 

職歴

平成3年4月~平成21年12月  大本山池上本門寺に勤務

   師匠の勧めで大本山池上本門寺に役課として勤務する

   勤務中は、参拝部~事業部(朗峰会舘支配人)として奉職する。

   また、イキイキ推進委員会事務局長として現代布教の形を模索し 

   コンサートや各種催し企画実行する

平成21年 8月~  神野寺第三世住職に就任し寺院再興を目指す